目指す方向性によって必要なものが違う

IT関連の技術職、エンジニアやプログラマーといった職業の需要は高く、必要数に達していないのが現状です。優秀な人材を望む企業も多く、高い技術力があれば好待遇を得られる可能性もあります。
ただ、仕事内容を考えた場合、個人のスキルやアイディア力に頼るところも多く、下準備を整えておけば独立しても十分に活躍することが可能となっている職業でもあるのです。活躍するためには、自分のスキルを業界の内外に広く知ってもらうことや人脈を築き、仕事の受注が得られる環境を作っておくことが必要になるでしょう。
一方で、企業内でスキルアップやキャリアアップをして管理職になる道もあります。管理職に関しては単純に個人のスキルを追求するだけではなく、部下をまとめたり、クライアントと交渉したりといったことも必要となってくるのです。コミュニケーション能力が重要となり、これまでの仕事内容と異なってきますが、その分やりがいを感じられる部分も変化し、新たな発見があるかもしれません。また、大掛かりなプロジェクトが始まれば、リーダーとして抜擢されることもあり、さまざまな方面で必要とされていくはずです。

将来に向かってスキルを磨いていくことは大切ですが、方向性を考えることも必要になってきます。そして考えた上で、そのために必要な知識や技術を身に着けて磨いていくと良く、今後を選択する時に困らないようにすること、先を考えて行動することが大事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です